正確な検査であなたを助けます。双極性障害の治療は検査から。

検査を受ける条件

優しげな医師

紹介状を添付しておく

双極性障害の検査として、光トポグラフィーが挙げられますが、受けるためには必要な条件を満たすことが重要になります。最初に挙げられる条件は、はっきりとしたうつ症状が現れている人が対象となっているという事です。なお、うつ症状が現れているかどうかは、自分自身だけではなくかかりつけ医の判断も必要となるため、光トポグラフィーの申し込みを行う際には紹介状を添付しておく必要があります。また、検査の日でもどのようなうつ状態なのか診察を進めていくため、これらの問診にきちんと対応することが必要になります。双極性障害の兆候が見られたら、疑いがあるので検査を受けるべきです。適切な改善方法について提案を進めていきます。

安全面を配慮

双極性障害などの精神疾患の徴候がある場合でも、光トポグラフィーなどの検査が不可能ということもあります。特に、身の安全を守れずに自傷行為に走ったり周囲の人間に暴力を振るったりなど、けが人が現れる恐れがある状態であると、安全面の観点から検査を受け入れてもらえない場合があります。他にも、病院が定めているルールに従えないというような状況が発生したら、強制的に検査が中止される恐れがあるので、このような条件について理解しておくことが重要になります。このように、双極性障害のための光トポグラフィー検査を受けるには安全面に配慮する必要があるので、気をつけていくようにしましょう。

光トポグラフィ検査により分かる結果と今後

 双極性障害の診断においては通常のうつ病でもなかなか判別が難しいところがありますが、双極性障害はそれに輪をかけて判別が難しくなります。見た目にはうつ病と変わらないためです。  今のところ、双極性障害かどうかを見極める検査は光トポグラフィ検査という名称のものを使いますが、精度はあまり高くありません。ですので、補助的な意味合いで使用します。ちなみに光トポグラフィという名称は日立製作所の登録商標ですが、一般的にも利用公開されています。  少なくても原因については脳の活動が鈍いということが一つの原因になっています。光トポグラフィー検査の結果から見ると、双極性障害の場合は健常の人と比べるとやや鈍いことを特徴とします。うつ病の場合はさらに活動が鈍くなり、統合失調症の場合は脳の活動がほとんど停止しています。  今後は光トポグラフィー検査の精度を上げることと、新しい検査の発見方法を組み合わせることが第一です。

双極性障害は総合的な角度で診断する

 双極性障害の検査における注意点としては、光トポグラフィー検査だけではなく様々な角度から調べて結論を出すということにあります。たとえば双極性障害の場合身体的な初見は見えないことが特徴でもありますが、血液から調べることも重要といえます。  躁病の際には自分が正常であると思い込む傾向が強く、また外からも見えづらいことから患者本人が病を自覚しにくい傾向があることを意識する必要があります。  躁傾向は他者からの質問により導き出されることが多いです。浪費癖や世間一般から逸脱する行動、怒りや泣くなどの情緒不安定などがあります。質問をする際には患者の行動に気を配っておきつつ質問をする必要があります。  双極性障害の診断は、検査の結果のほかこうした親族などから寄せられる病的兆候などを総合的に見て診断します。