正確な検査であなたを助けます。双極性障害の治療は検査から。

保険診療が出来る

女性医師に相談する

保険診療に対応

双極性障害の症状について知るためには、光トポグラフィーを利用することによって詳しく把握することが出来ます。なお、光トポグラフィーを受けるには多くのお金が必要になってしまうため、なかなか手に届きにくいというような人もいることでしょう。しかし、最近では保険診療に対応できるようになったということで、予算を抑えて光トポグラフィーによる検査を受けることが可能になっています。そのため、双極性障害に関する検査を受ける場合は、加入している保険証を忘れずに持参して来院するようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群

光トポグラフィーの検査を受ける際には、その他の検査と併用して行なわれる場合があるので、これらについても保険診療が適用されるかどうか確認を進めていくようにしましょう。また、双極性障害になった場合は睡眠時無呼吸症候群になってしまうことがあるので、このような症状がないか確認を取るために簡易PSGという検査が行なわれます。睡眠時無呼吸症候群になってしまうと、休息が十分に取れない状態になってしまうため、身体的な影響を及ぼしてしまう可能性があります。なお、双極性障害を改善することで、これらの症状を無くすことが出来るため、検査を通して適切な治療方法について把握しておくようにしましょう。このように、双極性障害について様々な検査を進めていくので、それぞれしっかりと把握しておくことが重要であるといえるでしょう。

問診が中心であるのには今も変わりはありません。

双極性障害の概念は1850年代にドイツやフランスなどのヨーロッパにて確立され、当時はうつ病と躁病が交互に起こることから循環精神病、気分循環症、重複精神病とよばれていました。 1987年にアメリカの精神医学会がまとめたDSM-III-Rという精神疾患に関する診断基準にて、気分障害というカテゴリーが現れてから双極性障害は気分障害という分類をされるようになりました。今や、DSM-III-Rの改訂版であるDSM-IV-TRをもとに本人や家族などの同伴者の症状に関する口述から双極性障害の検査を行います。しかし、体内もしくは体内物質のスクリーニングをする検査を行わず、問診が中心という点では今も昔も変わりません。

今後の研究次第では検査も緻密になり、より正確な治療が可能となるでしょう。

双極性障害は原因がはっきり分かっておらず、体内物質がどんな変化を起こして発病に至っているのかも明らかにされていません。そのため現在の双極性障害の検査は、症状の具合を検査する形を取らざるを得ません。 現在では体内のカルシウム濃度が変化するとが双極性障害の発病に至ると考えられてもいますが、今後の研究にて何らかの体内物質が変化していたり、脳内に何らかの変化が生じているといったことが分かる可能性も出てくるでしょう。そうなれば、今後双極性障害の検査にて血液検査といった体内もしくは体内物質をスクリーニングする検査が取り入れられ、より正確な診断、そしてより正確な治療方法が確立される可能性も出てくることでしょう。